予約・お問い合わせ

シリコン&シリコーンについて

シリコンとは?!

 

今回は、「シリコン」についてお話させて頂きます。

「シリコン」は「シリコーン」と呼ばれたりもしていますが、正解は「シリコーン」が正しいです。

「シリコン」はケイ素からなる金属を指し、主に半導体などに使われます。

「シリコーン」は、「シリコン」を原料とした化合物です。

なので、ヘアケア商品や化粧品に用いられるのは正式には「シリコーン」になりますが、巷では「シリコン」と呼ばれていることがほとんどです。

 

シリコンは、マニキュアのように髪表面をコーティングすることで手触りが良くなり、一時的にダメージが改善したように感じられますが、そのコーティング効果が本来必要なトリートメント成分が髪内部に浸透できなくなります。

 

傷んだ髪はダメージ部分に入り込み留まることで、酸化し、髪が硬化していきます。

一般的に感じる髪のゴワつきや硬さもこれが原因であり、ベタッと重くなる、パサパサでまとまらない。

 

さらに、ひどくなると薬剤にも影響してきます。

髪が染まりづらい、ムラができる。パーマがかからない。 カール、ウェーブがだれるなどのトラブルもでてきます。

 

頭皮環境に関しては、シリコンが毛穴に影響し薄毛、細毛になりやすいような健康な髪が生えにくくなります。

 

一概に良くないとは、決めつけはしませんが、

ZEROの髪質改善トリートメントの施術における薬剤は「ノンシリコン」を使用しています。

 

        ZERO公式LINEで気軽にお問合せ下さい。