予約・お問い合わせ

パーソナルカラー診断でみる美容師の似合わせ術

あなたに似合う色をタイプ別に分析

 

 

お客様の80%は「もっと美容師さんに、自分の魅力や個性を引き出してもらいたい。」と望んでいるのを聞いたことがあります。

 

私たちは、お客様にもっとも似合うヘアスタイルをご提供するため、ある法則にもとづいて提案しています。

 

今日は似合うカラーについてお話させて頂きます。

 

パーソナルカラーとは!?

 

人はそれぞれパーソナルカラーをもっていて一人ひとりが持つ特性を4シーズンに分けています。

 

スプリングタイプ、サマータイプ、オータムタイプ、ウィンタータイプ

 

これは、肌や瞳の色を診断して似合う色で分かれます。

 

普段は黒やグレー、ベージュなど無難な色を選びがちは人達の中には、「着てみたいけど、どの色なら似合うか解らない。」と悩む人もかなり多いみたいですね。

 

例えば、「私はピンクが似合わない」と決めつけて敬遠する人もいますが、ピンクといってもショッキングピンクとサーモンピンクのように色調によって様々な違いがあります。

 

そこには必ず「自分に似合うピンク」があるんです。

 

そこを見極めるのがパーソナルカラー診断。

 

瞳・・・・・・・・50%

肌・・・・・・・・30%

髪・・・・・・・・20%

 

これが、判断の重要度になります。

 

なぜ、瞳の割合が大きかと言うと、肌や髪の色は日焼けや染色などで変わりますが、瞳の色は生まれた時から変わらないですよね。

そこからさらに見た目の印象もプラスしていきます。

 

パーソナルカラーの4タイプ

 

✴︎スプリングの特徴

主な色相  主にビタミンカラーなど、鮮やかで明るい暖色系中心

イメージ  真昼。快活でかわいい、キラキラした、カジュアルな。

具体例   カラフルで勢いのある春の草花、花壇。

印象    陽気で躍動感があり、ハッピーになれる。

悪くいえば子供っぽい。

配色の得意技 コントラストや華やかな色相配色が得意。

 

 

✴︎サマーの特徴

主な色相  主に明るいブルーやアッシュなど寒色系中心。

イメージ  朝。爽やか、清潔感を感じる、ナチュラル。

具体例   夏の朝もや。霞がかった感じ。

印象    誰もが好印象、落ち着いてシック。

悪くいえば没個性的。

配色の得意技 グラデーション、トーナル配色が得意。

 

✴︎オータムの特徴

主な色相  主に深みのあるオレンジなど暖色系が中心。

イメージ  夕方。穏やかで、豊かさや暖かさを感じる。

具体例。  黄色や赤などの日々変化する秋の紅葉、夕焼け。

印象    味わい深く、微妙な色。安定し落ち着いた印象。

悪くいえば地味。

配色の得意技 類似のトーン、トーナル配色が得意。

 

✴︎ウィンターの特徴

主な色相 主に強くハッキリした寒色系(モノトーン)が中心。

イメージ 夜。人工的でクールで都会的な。悪くいえばとっつき難い

具体例  冬の森林、クリスマスカラー、五行色。

印象   無駄のない洗練されたダイナミックさ。悪くいえば派手。

配色の得意技 際立つ色相配色。セパレーション配色が得意。

 

まとめ

 

この4つのパーソナルカラーから美容師はカウンセリングでお客様のポイントを確認しながら「違和感なく馴染む色」を見つけます。

 

今では、アプリやWebからもパーソナルカラーを簡単に診断してくれるのでよかったらやって見るといいですよ。

 

 

          ZERO公式LINEで気軽にお問合せ下さい。