予約・お問い合わせ

美髪とphの関係性

phってなに!?

 

ph(ペーハー)ってなんとなく聞いた事ありませんか?

シャンプーであったり、コスメ系にも載ってたりします。

phと髪はとても関連性があります。

 

PH(ペーハー)、(ピーエイチ)とは水素イオン濃度の略称であり、溶液中の水素イオンの濃度をさします。

 

髪とphの関係性

 

一般的に大きく分けて酸性、中性、アルカリ性があり、数値化すると0〜14まであります。

「7」を「中性」として、「0〜7未満」を「酸性」、「7より上〜14」までが「アルカリ性」になります。

 

髪には、等電帯というのがあって「4.5〜5.5」の「弱酸性」になります。

 

弱酸性が髪にとって最も健康な状態です。


余談になりますが、食べ物で例えるとレモン・リンゴは2~3の酸性で、ほうれん草・わかめはアルカリ性は9~10になります。

 

このphの数値により薬剤のつよさ(性質)も変わってきます。

 

なので、食事でも酸性・中性・アルカリ性を理解し使い分けるといいでしょう。


 

話を戻しますと、アルカリ性の薬剤を髪に使用することで、髪も同時にアルカリ性に傾きます。

 

カラーやパーマが髪に良くないのはphがアルカリ性にかたよっているからなのです。

 

毛髪は、アルカリ性に傾くと膨潤する働きがあります。

 

膨潤は髪が膨らむことをいいます。

単純に、髪が水を吸っただけでも10%太くなっています。

 

パーマとカラーでは同じ膨潤でも作用する所が違いダメージの箇所が変わります。

アルカリ性に傾くと結合が切れたり、キューティクルが開いたりダメージに繋がります。

 

ハイダメージに薬を使ったり、膨潤させすぎて過膨潤にして元に戻らなくなってしまうような状態にもなります。

 

髪がアルカリ性に傾くと、やわらかくなり、酸性に傾くと硬くなります。

 

ハイブリーチをした人や強い縮毛矯正を繰り返した人はわかると思いますが濡れた髪が「タラタラ」の状態は

アルカリの影響でダメージがひどい状態といえます。

 

 

薬剤とphの関係

 

パーマとカラーでは同じ膨潤でも作用する所が違うとダメージの箇所が変わると先ほどお話しさせて頂きました。

 

パーマのphは8〜9、カラーは9〜10程度で構成されています。

 

この、膨潤だけでなく薬剤の性質の違いで、パーマは毛髪中のS-S結合を切断するための還元剤。お客様にお話しする時には「鎖」で例えています。

 

一度、外してまた繫げるというようイメージです。

 

還元剤の濃度だけでは不十分なため、アルカリ剤を使い毛髪の中まで浸透するのを促進させ還元剤の作用を助ける働きもあります。

 

カラーは1剤のアルカリ剤の量とph、2剤の過酸化水素水の濃度が発色(脱色)に関与します。

 

アルカリ量が多く、phが高い薬剤ほどキューティクルを開き、膨潤させ染料を多く髪の中に入れることができます。

 

単純にパーマは内側に作用し、カラーは外側に作用するということになります。

 

薬剤によっては低アルカリのもの、化粧品に配合するタイプのものまででてきていてダメージを抑えたものになっています。

 

美髪になるためのphとは

 

薬剤のphが髪に影響をするお話をさせて頂きましたが、「ファッションを楽しむ」「白髪を染めたい」「くせ毛を直したい」など、どうしても薬剤を使う必要があることが日常的にあります。

 

では、そのphを極力抑えた薬剤の使い方が必要になり、それが美髪に繋がっていきます。

 

美容院よっては低アルカリの薬剤を使っているとか、自然派の薬剤や酸性系の薬剤で髪に負担をかけないものも今は多くでてきています。

 

ただし、アルカリが低くなるほど髪に作用させる力も少ないので、くせ毛が強かったりハイトーンにまで髪の明るさをもっていこうとすると力が足りないので「髪の状態」と「希望のイメージ」で使うアルカリ濃度の選択が必要になります。

 

カラーやパーマを楽しみながら、美髪にしていくためには過度な薬剤を使わないようなメニューが重要なことになります。

 

例えば、3回ブリーチするくらいのカラーをしたり、ハードウエーブのような強いパーマがそれに当たります。

 

お客様自身薬剤のことはわからないとは思うので、カウンセリングで担当美容師さんに相談してみるのもいいでしょう。

 

施術後の工程が大切

ここが、一番大切なポイントになります。

 

「phをそのままにしておくのか」「薬剤の作用をしっかり止めるのか」

 

薬剤を洗い流しても髪の状態は、「アルカリ性」のまま

 

「アルカリ性」に傾いたまま日数が経っていくとどうなるかは想像がつくと思います。

 

なので必ずphを「弱酸性」に戻すことが、髪の負担と美髪にしていく過程でかなり違いが出てきます。

 


ZEROでは、施術の最後に薬剤の作用を完全に止めてphを弱酸性に戻すことでダメージの原因であるアルカリを髪に残さない処置を無料でさせて頂いていますので、頭皮や髪の安心・安全を考慮したうえでパーマやカラーを楽しんで頂けます。


 

          ZERO公式LINEで気軽にお問合せ下さい。