予約・お問い合わせ

妊娠中の美髪とヘアケア方法

 妊娠中のヘアケアとは

妊娠中の髪質の変化

 

妊娠中でも、やはり女性なら健康で綺麗な髪を維持したいと思う方が多いと思います。

妊娠中はホルモンバランスが大きく変化することから、髪質に変化が見られる時期でもあります。

例えば普段はストレートでサラサラだったという人でも、髪質が変化してクセ毛になった、あるいは抜け毛が目立ち始めた

・・髪の毛が細くなったというケースもあります。

 

 

 

これは必要な栄養素が胎児の方に多く吸収されているため、妊婦本人の体内に必要な栄養素が行き渡らなくなっている可能性があります。

 

そういう時は普段の食生活に気を使うとともに、できるだけ効果的なシャンプーや育毛剤を使ってケアしていきたいところです。

 

 

 

 

妊娠中のヘアケア

 

 

ヘアケア製品の中には妊婦が使用するのには、向いていない成分も含まれているケースもあるので注意が必要です。

 

例えば、ミノキシジルは胎児に悪影響を与えかねないので使用は控えた方がよいでしょう。

 

これは一部の育毛剤にしか使われていないため、そこまで気を使う必要はありませんが、念のため育毛剤やシャンプーを使う場合、成分表を良く調べてから使用するようにしましょう。

 

また化学薬品系のシャンプーやアルコール系のシャンプーも使用しない方がよいでしょう。

 

アレルギー反応などを起こしてしまうケースもあります。

 

 

成分をしっかりと確認することが重要なポイント

 

このように妊娠中にはホルモンバランスの影響を受け、どうしても育毛剤や育毛シャンプーに力を借りる場面が出てくるかもしれませんが、成分には十分注意して使用しましょう。

 

決してこれらの商品を使ってはいけないことはありません。

 

むしろ血行の促進や頭皮の潤いを保つために使った方がいいということも考えられます。

 

医薬部外品で女性専用のもの、あるいは男女兼用のもので天然由来の成分を配合したものであれば、胎児に与える影響はないと考えて良いでしょう。

 

また頭皮ケアを妊娠中に行う場合は、塗布するタイプのものを選び、内服薬タイプのものは使用しないようにしましょう。

 

塗布するタイプであれば、肝臓や血液に与える影響がほとんどないので心配ないのですが、内服薬タイプの場合は、胃で消化されて体の前進にその成分が行き渡ります。

 

つまり赤ちゃんへ繋がっている血管へも作用があるので、服用は控えた方が良いでしょう。

 

 

長期的な体調管理とヘアケアを心がけましょう

 

 

このように制約された部分が妊娠中には多くありますので、人一倍気を使いことが重要です。

 

また、妊娠中だけでなく、出産後に産後脱毛症と呼ばれる抜け毛の量が多く発症する脱毛症も女性にはあります。

 

もし起こっても決して慌てることなく、長躯的な体調管理とヘアケアを行っていけば必ず改善されていくので心配せず対処していきましょう。

 

 

まとめ

 

 

妊娠の後には育児がありなかなか自分の時間も作れず睡眠不足が続いたりと大変だと思います。

 

以前のブログにも書きましたがお家でできる簡単にできる美髪の作り方も参考にしてみて下さい。

 

 

         ZERO公式LINEで気軽にお問合せ下さい。