予約・お問い合わせ

喫煙によるタバコと髪への影響とは!?

タバコには様々な有害物質や化学物質を含みます。その中には、およそ60種類以上もの発がん性物質も含まれているといいます。

発がん性物質はすぐに髪に影響を与えるものではありませんが、ニコチンなどの化学物質は血管や自律神経に影響を与えることがわかっています。

 

喫煙が髪に与える影響と対策

 

喫煙している人は自分で健康によくないとわかっていてもやめられないですよね。

タバコを吸うと体中の血管が細くなり、それまで血液によって身体の隅々まで行き届いていた栄養や酸素が細胞に届かなくなります。

本来、髪にいきわたるはずだった栄養がなくなってしまうので、髪は常に栄養不足です。

当然髪へのダメージは相当大きいといえます。 これは、身体の末端になればなるほど顕著に影響を受けます。

もちろん頭皮や毛髪は、身体の末端に位置するものですから当然影響を受けやすいと考えて良いでしょう。

頭皮には強くしなやかな髪を作る細胞が沢山ありますからそれらの機能が衰え、結果としてハリ・コシのない髪が生えてきてしまうというわけです。

 

喫煙者の薄毛対策について

 

 

 

薄毛を改善するなら喫煙は絶対にしない方が良いです。

 

どんなに食事に気をつけても、毎日のタバコによって大量に消費されるビタミンやミネラルの栄養素の方が大きいので全く追いつきません。

 

 

育毛剤を頑張って使い続けていても、タバコはそれを簡単に打ち消します。まさに喫煙習慣は育毛生活においての条件の真逆のことをやっているということになります。

 

 

タバコを吸い続けると肝臓はフルで解毒作業を強いられているのです。

頭皮や髪に栄養を運ぶためには、健康な肝臓が必要不可欠なのです。

 

喫煙による負担で肝臓を悪くしてしまうと健康な毎日は送れません。

 

喫煙習慣をやめたら薄毛が飛躍的に改善したという体験談をよく聞きます。

喫煙者で薄毛に悩んでいる方は、禁煙することで薄毛を予防しましょう。

 

喫煙習慣を見直す

後悔しないように、自分の体を一番に考えて喫煙習慣をもう一度見直しましょう。
不健康な体なのに髪だけ健康なんていうことはあり得ません。育毛剤やサプリメントでの解決を考えてもムダなのです。
健康な体と健康な髪、それとタバコとどちらが大切かもうすでにわかっているはずです。

喫煙と薄毛は密接な関係ですし、喫煙と育毛は成り立ちません

 

喫煙者のためのヘアケア方法

 

 

 

ただ、ヘアケアの効果を得るにはタバコを止めることが不可欠なのですが、どうしてもやめられないという人が多いのが現状です。

髪に欠かせないアミノ酸は喫煙によって減少します。 アミノ酸が不足すると髪はたちまち痩せ細って抜けてしまいます。

 

ですので、喫煙者のためのヘアケアとしてはアミノ酸を補うためアミノ酸が入ったシャンプーを使うのは効果的です。

 

足りないアミノ酸を外から補う形です。

 

タバコを吸うたびに血管が縮んでいるので、頭皮の血行を促進するような育毛剤・ヘアケア商品を使いましょう。

さらに頭皮マッサージをこまめに行い、食事に気をつけてヘアケアを丁寧に、タバコによって大量に消費されて不足している栄養素のビタミンCをたっぷり摂りましょう。

 

 

育毛を考えてヘアケアをこまめに丁寧にすることはとてもよいことです。

本来は喫煙をやめてしまうことが一番ですので、髪のために禁煙成功させるのがベストだという事は頭に置いておきましょう。

 

 

まとめ

 

タバコは百害あって一利なし。

タバコを止めれば即抜け毛や薄毛が改善されるというわけではありませんが、現在の髪が置かれている状態を作り出している要素のひとつには必ず喫煙が挙げられます。

タバコを止める、禁煙をすることは難しいことではありますが将来的な心身の健康と、抜け毛・薄毛改善のために禁煙グッズや病院などでの治療を受けることをお勧めします。

そうした取り組みが、髪を健康的に蘇らしてくれるはずです。

 

          ZERO公式LINEで気軽にお問合せ下さい。

 

ZERO公式LINEアカウント